STAY SALTY  DAYS COLUMN

6.1.2020

Connect the dots

台湾と日本、2つの拠点から感じる日々のこと。

寛容さと、自由さ。

台湾に本社がある会社の仕事を手伝わせてもらったり、

台湾人の友人と一緒に仕事をしたりと、

最近なにかとご縁がある「台湾」──。

どこか懐かしさを感じる街並みに、あたたかい人たち。

なぜか、その魅力にハマると抜け出せない…。

不思議な国なのです(笑)。

 

そんな台湾では、最近「ピンク」がちょっとしたブームになっているのをご存知ですか?

 

世界中で広まる新型コロナウイルスの影響を受け、マスクを政府が一括管理する台湾。

そのため、手元に届くマスクの色までは選ぶことができないのですが…、

ある男の子が「ピンク色のマスクを着けていたら、からかわれるんじゃないか」と心配していたそうです。

そんな話を耳にした新型コロナウイルス対策本部の男性陣が、記者会見の際に自らピンク色のマスクを着用。

『ピンクもいいですよ』と発信したのです。

 

そこから「#顏色沒有性別(色に性別は関係ない)」というハッシュタグが広まり、ピンクがブームに。

ロゴまでピンクに変える企業が続々と増えていくという、ちょっとしたムーブメントが起こりました。

 

伝統的なジェンダーや慣習ではなく、新しい発想を大切にする台湾。

拒むのではなく「受け入れる」という考え方が、そのあたたかい国民性をつくりあげているんだろうな。

 

台湾の人たちは、新しい発想を受け入れるのがとても上手。

日本をはじめ、さまざまな国に統治されていたという歴史的背景があるからなのか、

固定概念に縛られるのではなく、そのときどきで柔軟に対応することが文化として馴染んでいる気がするんです。

 

この寛容さと、価値観を押しつけない自由さこそが、この国に惹きつけられる最大の理由なのかも。

小郷 あゆみ
Writer / Planner / 点点

湘南をベースに暮らす、海が好きなフリーランスライター。

台湾と日本を行ったり来たり。

最近は台湾の友人と「点点 株式会社」を立ち上げ、インバウンドに関する仕事も請け負う。

旅・写真・サーフィンが好き。

点点
Do not hesitate to contact me to discuss a possible project or learn more about my work.

© 2020 by ALOHADESIGN

Proudly created by Tsutomu Kinoshita

Contact
editor in cheaf
and
art director
and
designer
:
Tsutomu Kinoshita
director
:
Ayumi Ogo
Mikiko Shirakura
Social
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram