じぶんの居心地が良いと感じた場所へ、
無意識に何度も足を運んでしまう。
つまり、その居心地の良さを、
心地よいと安心して信じられる。
これ、じぶんの実家とかが当てはまるけど、
例えば自然がある地域はどこでもあてはまるかと言うと、
意外にそう思える場所は少ないと感じています。

長野県の飯島町は、新宿駅から高速バスで4時間の距離にあり、
ご縁があって2年前から月1度、週末に訪れています。
現地でお世話になっている地元のりんご農家のご夫婦は、
山に入って急な斜面を慣れた様子で突き進む力強さと、
面倒見の良いおおらかな性格の持ち主で人望が厚く、
老若男女に頼りにされている大黒柱のような存在です。

そういう環境で何も特別なことを考えたりせずに
思い煩うことなく過ごす1泊2日は、
わたしをのびのびとさせてくれました。
そして、「これが本来のわたしなんだ」と確認していく。
都心の人混みに混ぜられていた感覚が、
ほどけていくように週末を過ごせるこの土地の良さを
東京で伝えるにはどうしたらいいんだろうかと、
今はまだ空いた時間にふわふわと考えています。

できることから始めてみようと、
この土地にある文化を食を通して知ってもらう目的で
「きまぐれ食堂」という1日限定のお店を都内で始めました。 
様々な地域の食材を使い、一緒に楽しくその土地の文化を知るためのお店です。
その活動を通して、その土地に暮らす中で大切にしている価値を再確認し、
まずはその土地の人たちにとって、何か楽しいことが始まりそうな期待感のある
「良いたまり場」づくりを目指そうと思っています。

仕事だから通うのではなく、
居心地が良いからこそ通いたくなる場所で、
大きく息を吸って、風向きを変えて
待てないくらい面白い明日を眺めるために。

高見麗子
Designer / Writer

千葉県出身のフリーランスグラフィックデザイナー。

様々な地域の食材を使い、一緒に楽しくその土地の文化を知るための活動「きまぐれ食堂」を主催。

都内で定期的にランチを提供しています。

きまぐれ食堂
Do not hesitate to contact me to discuss a possible project or learn more about my work.

© 2020 by ALOHADESIGN

Proudly created by Tsutomu Kinoshita

Contact
editor in cheaf
and
art director
and
designer
:
Tsutomu Kinoshita
director
:
Ayumi Ogo
Mikiko Shirakura
Social
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram