ON THE WAY

STAY SALTY ...... travelers on the way

10.3 2020

traveler / nomad worker / photographer   Michi

Michi
49563904202_7a0ba85103_k (2).jpg

ポートレイトと

ノマドと旅と。

Portraits, nomads, and travel.

“旅で出会ったあの人の顔”

そこでしか見る事が出来ない自然や美しい街並み、アートや音楽に、美味しい食事。

旅の醍醐味はたくさんあり、どれも大好きです。その中で私がこれまで訪れた場所を思い出す時、頭に浮かぶのはいつもそこで出会った人々。
 

それなのに悲しいかな。顔って時間と共に忘れてしまうもので..。

 

旅で出会った人達の顔をいつまでも忘れないように写真に残したいと思ったのが旅をしながらポートレイト写真を撮り始めたきっかけでした。

この人、気になる!と直感で感じたら、言語の壁で難しい時もあるけれど、写真を撮る前は5分、10分でも、基本的には雑談をさせてもらうようしています。

「コインを投げて表が出たのでここに1人、テント暮らしをすると決めて20年。最近はちょっぴり寂しくなってきた。」と話してくれたスペインの自由を愛する人。

 

「チベットの友達に会いに行って、みんながどうしているか、暮らしは大丈夫なのか、この目で確かめたい。」と話してくれたインド、ラダックの95歳の僧侶。

 

「来てくれてありがとう。またおいで。」と何度も手を握ってくれた美しい藍染の民族服を着たベトナムのおばあちゃん。

 

体調を崩した時、スペシャルハーブティを調合して飲ませてくれ、「中東やフランスの影響が強いけどここはやっぱりアフリカなんだよ。アフリカの自然が助けてくれる。」と話してくれたモロッコの友達。

 

イスラム教の断食、ラマダン終了後、「お祝い事だから食べな食べな!」と食べていた軽食をお裾分けしてくれたバングラデシュのお兄さんたち。

 

ストリートパフォーマンスを行う為、世界中からバスカーがやってくるオーストラリア。都会の喧騒の中、静かにヒーリングミュージックを奏で、立ち止まる人々と交流していたバスカー。

 

住んでいたアパートの下で実家を出る花嫁を盛大に送り出す為オーケストラの一員として演奏していたネパール、笛奏者のシャイで美しい女の子。

29834325920_f5e1f9aac2_k (1)のコピー.jpg

“デジタルノマドとして無期限の旅に出る”

無期限で旅に出る前の数年、ベンチャー企業で会社勤務をしていました。仕事の傍ら、趣味の写真で少しずつ撮影の依頼も頂くようになりました。でもどうしてもまた旅に出たい思いが募りに募っていきます。


「仕事を続けながら、旅をさせてほしい」と思いきって切り出した時「みーちゃん(私の会社でのあだ名)らしいよ。行っておいで!」と背中を押してくれた会社のボス。気持ち良く受け入れてくれた同僚たち。みんなのおかげで数ヶ月後、日本を出発。無期限の旅を始めました。

 

デジタルノマドサラリーマン(ウーマン)として、仕事しながら旅を続ける事で、これまで以上に行く土地土地の暮らしぶりを見せてもらえている気がします。

 

停電でインターネットが切断して、自家発電しているカフェを慌てて探し歩いたり。

 

滞在先にあるシェアオフィスを使ってみて、どんな職種の、どんな人が来ているのか覗いてみたり。

 

アパートを借りてみたら、近所に凶暴な野良犬がたくさんいて、半ベソかきながら、死に物狂いで家に帰ったり。

 

近所にあるスポーツジムやサウナに通ってみたら、いつも来るマダムが愉快過ぎたり。

 

公園でやってる太極拳に飛び入り参加してみたり。

 

ヨガのレッスンに通ってみたら、知らなかった自分の身体に気づいたり。

 

初めて見る食材で自炊してみたり。

 

日本では免許がないけれど、海外では車の国際免許で乗れちゃうバイクで数日間旅に出たり。

 

そして50代、60代でバックパック1つで旅する旅人にもたくさん出会い、旅をするのに遅すぎるなんて事まるでないなと勇気をもらったり。

45431046381_b66d0b766a_k.jpg
40527293613_dee4e8be47_k (1).jpg

そこに暮らす人々、色んな思いでその地を旅する旅人たち。彼らの話を聞きながら、写真を撮らせてもらうのはいつでもワクワクします。
数日だけの短い旅行でも、無期限の長期旅でも、知らない土地で、出会った事のない人に出会う事は、いつも私に新しい世界を教えてくれます。

 

時にはショッキングともいえる慣習があったり、ハプニングがあったりします。

新しい場所に行く時はいつも「危ない事ないかな。友達出来るかな。素敵な旅になるかな。」と不安になります。

でもその地を離れる時、「出たくなーい」となるのは、そこで出会った人達のおかげです。
ホームって場所じゃなく、気持ちなんだなぁと痛感します。

30065395591_0e2c150f3a_k (2) (1).jpg

旅に出たいけど、忙しくて行けない人、色々な事情があって今は動けない人、たくさんいると思います。そんなみなさんに私の旅の記録が、いつか来る旅のヒントになったり、刺激になったら嬉しい限りです。

思いきってComfort zoneを飛び出した先にあったもの、これからも発信していきたいと思います。

photographs and text - Michi

29834323970_e971c98993_k.jpg

traveler / nomad worker / photographer

Michi

10代、国内中心に少しずつ旅を始める。

20代、旅に出る→お金が底を尽きたら、東京に戻る→稼いでまた旅に出る、を繰り返す。

30代、数ヶ月の旅を続けながら、ポートレイト写真を撮り始め、2019年デジタルノマドとして働きながら無期限の旅に出る。

 

人との出会いを大切に、土地土地で出会う様々なものや、ノマド情報をブログで綴っています。

  • ブラックInstagramのアイコン
  • note-bk
Do not hesitate to contact me to discuss a possible project or learn more about my work.

© 2020 by ALOHADESIGN

Proudly created by Tsutomu Kinoshita

Contact
editor in cheaf and
art director and designer
:
Tsutomu Kinoshita
director
:
Ayumi Ogo
Mikiko Shirakura
Social
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram